haruharuのうさぎ情報ブログ

「うさぎちゃんと暮らしたいをサポートしたい」その気持ちからブログを始めました。
うさぎちゃんのことをもっと知りたい、知ってほしい・・・
うちの「みかん」との出来事も交えながら、うさぎちゃん情報を配信しております。

「しぐさ」でわかります。うさぎの気持ち(第8回目)

8回目の投稿になります。
今回は、「しぐさ」でわかります。うさぎの気持ち について書いてみたいと思います。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
両手で顔を洗うようなうさぎの毛づくろいのしぐさはとてもかわいらしくて愛くるしいものです。
ワンちゃんやネコちゃんと比べるとおとなしいと思われがちなうさぎですが、よく観察してみると、楽しいしぐさや不思議な行動をすることがあります。

その時のうさぎちゃんの気持ち はどのようなものなのでしょうか?

自分のにおいつけ こすりつけをしてなわばりだよ!と主張したり、穴を掘るような動作をしたりといった習性のよる行動から、飼い主さんとまわりではしゃいでジャンプなんかしたりするなど 人とのコミュニケーションの為に学習した行動まで、からだ全体で思い切り使って表現しているように感じます。

うさぎは、鳴き声などでコミュニケーションをとらない動物なので、飼い主さんから体を使って表現して(ボディーランゲージ)きちんと読み取ってあげたりして、何を求めているのかを理解してあげるようにしてみてください。

その一つひとつのしぐさが何を求めているのか、何を意味してやっている行動なのかを理解してあげられれば、上手にしつけすることができると考えます。

これにより楽しいうさぎとの生活がおくれること、まちがいなし!です。

IMG_0505


うちの子(みかんちゃん)の毛づくろいの様子です(あまり写真が上手ではありませんが。。。(笑))

以上
閲覧頂き、ありがとうございました。

ani_usagi5ani_usagi4ani_usagi3

うさぎの寿命と実年齢について(第7回目)

第7回目の投稿になります。

今回は、うさぎってどのくらい生きられるの?寿命は、実際の年齢は?
みなさんからの疑問にお答えしたいと思います。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

うさぎは、生後4か月間で、どんどん成長して、ほぼ「大人」となります。

うまく育てていけば、10年以上生きることも可能です。

健康で、快適に暮らせていけることが長生きの秘訣 といったところでしょうか。

以下にうさぎと人との実年齢に関する換算表を示します。

うさぎ|人間|
1か月 ⇒ 2歳くらい
2か月 ⇒ 5歳くらい
3か月 ⇒ 7歳くらい
6か月 ⇒ 13歳くらい
1年 ⇒ 20歳くらい
2年 ⇒ 28歳くらい
3年 ⇒ 34歳くらい
4年 ⇒ 40歳くらい
5年 ⇒ 46歳くらい
6年 ⇒ 52歳くらい
7年 ⇒ 58歳くらい
8年 ⇒ 64歳くらい
9年 ⇒ 70歳くらい
10年 ⇒ 76歳くらい
11年 ⇒ 82歳くらい
12年 ⇒ 88歳くらい
13年 ⇒ 91歳くらい
14年 ⇒ 98歳くらい
(これ以上は、 寿命。。。 といってよいと思います)

今回は、以上 です。
☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

閲覧ありがとうございました。。。

愛くるしい中に秘められた「うさぎ」の秘密 PartⅡ(第6回目)

前回の続編です。
━─━─━─━─━─
 「耳」 ・・・ 左右 別々に動いて、小さな音も見逃しません。
 耳には太い血管がたくさん通っていて、皮膚の表面から熱を発散して体温を下げています。
 集音効果も高くて、小さな音も聞き分けられます。そばで、大きな音を出すと大変なことになるかも。。。

 「目」 ・・・ 背後までしっかりと見えてます。
 水平視野は左右合わせてほぼ330度もあるそうです。(びっくり。。。
 また、夜行性なので薄暗いところでも見えるそうですよ。


IMG_0691





































 「しっぽ」 ・・・ よく動く小さなしっぽ
 目立たないのですが、行動や気分に合わせてよく動きます。危険を感じるとピンと立ちあがることもあるそうです。

 「ヒゲ」 ・・・ レーダー役。 重要な役割を果たしています。
 周囲の様子を探る役割をしています。

 「前足」 ・・・ 短い前足は穴掘りに便利
 とがった爪を備えていて、穴を掘ったり引っかいたり、毛づくろいをしたりします。爪は5本あります。

 「後ろ足」 ・・・ 発達した筋肉で高くジャンプできます。
 筋肉が発達していて走るのも早いです。 足の裏にはクッションの役割をするふかふかの毛が生えています。爪は4本あります。

IMG_0690

 

愛くるしい中に秘められた「うさぎ」の秘密(第5回目)

 うさぎのチャームポイントは、何といっても長い耳です・

 また、力強い後ろ足で跳ねる姿も大変印象的です。

 姿が大変ユニークでもあり、かわいらしいのですが、そのからだの各部位にはそれぞれ重要な役割を持っています。
 危険をいち早く察知するための耳や目であったり、牧草を上手に食べるための口であったり、うさぎの体には厳しい自然界で生きていくための機能が盛りだくさんです。
 ここでは、それらのしくみとはたらきについて解説していきたいと思います。

うちの子(ホーランドロップ ♀ 生後8カ月 みかんちゃんを使って解説したいと思います。)
55b8fc4e



















「鼻」・・・ぴくぴく 動かしてにおいをキャッチしています。
 よく動く鼻はとても敏感で、いろいろなにおいをかぎ分けています。

「口」・・・お上品なおちょぼ口(うちの子はそでもないかも.。゚+.(・∀・)゚+.゚
 鼻の下から縦に割れた上唇は、牧草などを食べ分けるたり、取り込むのを上手に手助けしています。

「歯」・・・1年に10~12cmも伸びる切歯(個体によって差はあります)
 上顎には2本の大切歯があって、その裏には2本の小さな歯が隠されて生えています。奥にある臼歯は牧草をすりつぶして食べるのに役立ちます。

「肉だれ」・・・顎下の肉のたるみは熟女の印。。。(うちの子はまだまだ。。。)
 年齢が2~3歳程度になってくるとメスには顎下に大きなひだがあって、目立ち始めてきます。(しもぶくれって やつかな・・・)

今日はここまで
 

うさぎの「特徴」は?(第4回目)

今回は、うさぎの「特徴」について お話させて頂きます。

 愛くるしくて容姿端麗 表情も豊かです。
大きな耳につぶらな瞳、ふわふわな毛をまとったうさぎは、その容姿のかわいらしさで以前から愛されてきました。
喜怒哀楽も豊かで、愛情いっぱいに育てていれば、甘えたりすねたりとさまざまな表情を見せてくれます。
華奢でとっても弱くみえるので、余計にいじらしく感じてしまう飼い主さんも多いのも確かです。
しかし、甘やかせすぎはダメ わがままな子になってしまう可能性がありますよ。

 名前を呼べば寄ってくる、記憶力や学習能力は大したものです。
うさぎは記憶力もよくて、学習能力も優れています。
うまく しつければ名前を呼ぶと跳んできてくれたり、寄ってきてくれたり、トイレを覚えるなどの賢さを見せますが、悪いことを覚えるのも早いので、正しくしつけることが大切と思います。

 鳴き声の心配がなく、夜行性の性質を持っています。一緒に遊んだりしてあげるには夜が多いかも。。。
うさぎはワンちゃん達のように鳴き声をほとんど立てないので、集合住宅などでも安心して飼えます。また、夕方起きて夜に活発に活動するために昼間 忙しい方でも 夜にうさぎと一緒の時間を過ごすことも可能です。(個体差がありますので、注意してくださいね)

 毎日散歩の必要がありません。トイレで排泄できます、においもさほどきになりません。
ワンちゃんのように毎日数回散歩する必要がありません。トイレも決まった場所で排泄する習性があります。しつければOKです。
また排泄物はあまり匂いはきつくありません。(ただ、放し飼いにしているとあちらこちらでされてう~んとなるかも。。。)

「うさぎ」ちゃん達って おりこうさんですよ 
 

プロフィール
-お店紹介-


お世話になっている
うさぎ専門店
「RABBIT COTTON」です。
お姉さんがとっても優しくて
すてきなお店です♪♪

RABBIT COTTONのブログ
ブログランキング
ランキングに参加しています

にほんブログ村

にほんブログ村
応援クリックお願いします。


最新記事
livedoor 天気


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ